So-net無料ブログ作成
検索選択

便秘に効くマッサージが知りたい [改善するにはどんな方法が?]

仰向けクッション.jpg
便秘の症状を改善、解消に、マッサージは本当に効果があるのでしょうか?

マッサージをすることで、腸に刺激が伝わり、腸の動きを活性化することができれば効果があると言えますね。

では、どのようなマッサージをすると効果があるのでしょうか?

簡単に出来るのは、「の」の字マッサージです。
まず仰向けになり、腰の下に枕やクッション、折り曲げた座布団などをいれて、お腹をのばすような姿勢をとります。
その姿勢から、おへその周りに手の指を4本あてて、ゆっくりとひらがなの「の」の字を書くように、時計回りにマッサージしていきます。
強さは気持ちいいと感じる程度。あまり強く押しすぎないようにしましょう。
大腸のある位置に添って、「の」の字マッサージをすることで、腸が刺激されて便意を感じるようになります。

就寝前や、お風呂でマッサージすると効果的です。
またマッサージによりリラックスすることで、副交感神経も刺激されます。これも便秘には効果があると言われています。

ただし、便秘の種類によって、腸に刺激を与えない方が良い場合もあるので、気をつけてくださいね。

nice!(0) 

体操で改善できる!効果のあるポイントとは? [改善するにはどんな方法が?]

うつぶせ横向き.jpg
便秘の改善には、便秘体操も効果的です。毎日少しの時間で続けることで便秘の症状が改善されます。 2つのポイントに注目して体操を紹介します。
まず、一つ目は、腸を柔らかくする運動です。
便秘の人は、腸の筋肉が硬くなってしまっていて、ぜん動運動が弱くなっていて排便が上手く働いていない可能性があります。

そこで腸をやわらかくするための「うつぶせ運動」をご紹介しますね。

まず、ベッド布団の上などにうつぶせになります。お腹に手をあてて温めるようにします。身体とてのひらで軽く圧がかかる状態ですね。 ここから硬くなった腸のマッサージをしていきます。お腹で硬くなっていると感じるところやぽっこりと出てしまっているところなどを探しながら、ゆっくり、優しく揉んだりしてほぐしていってみましょう。
腸が柔らかくなることで、便通が改善されます。

次に注目したいのは骨盤底筋です。
骨盤底筋とは内蔵を支えている筋肉なのですが、普段の姿勢などでこの筋力が弱まり、たるんでしまうと、本来ある位置よりも内蔵が下がり、腸などが圧迫されて便秘になってしまうのです。

この骨盤底筋を鍛え直す運動をしましょう。

初めに、仰向けに寝て、膝を90度に折り曲げます。
そしてお尻を上に持ち上げるようにして、腰で支えます。肛門を絞めるような感じでその姿勢をキープしてみましょう。
これで骨盤底筋を鍛えることができます。

さらに両手のてのひらでお腹からおへそのあたりまで、やさしく圧をかけて押し上げるようにしてなでていきます。
こうすることで下がっていた内蔵を正しい位置に戻していくのです。

効果が感じられるには長く続ける事が大事です。1日5分程度でいいので実践してみてくださいね。
nice!(0) 

知っておきたい!便秘の4大原因 [便秘について]

大腸.jpg
便秘に悩んでいる人は多いと思います。そもそもどうして便秘になってしまうのでしょうか? 便秘になってしまうのには、大きく4つの原因があります。

第一に、「弛緩性便秘」と呼ばれるものです。
これは大腸のぜん動運動の機能が低下してしまい大腸に便が停滞してしまうのです。その分水分が吸収されてしまい、硬い便となってしまいます。女性や高齢者に多く見られる便秘の原因となっています。

次に「けいれん性便秘」と呼ばれるものです。
副交感神経が過度の興奮序状態になることで大腸が緊張しすぎてしまい、便をうまく出す事ができなくなってしまいます。
コロコロとした便が続く状態になります。
精神的なストレスが原因となっていることが多いようです。

そして「直腸性便秘」は、便が溜まっているのにも関わらず、排便反射が正常に起こらないために直腸に便が停滞していってしまう症状です。
高齢者の方や寝たきりの方、排便を我慢してしまう人がなりやすい便秘の症状です。

これらの「弛緩性便秘」、「けいれん性便秘」、「直腸性便秘」の3つは「機能性便秘」と呼ばれる症状に分類されます。

あとひとつの原因として、「器質性便秘」があります。
これは、胃や小腸、大腸、肛門などの器官に疾患があり、その事が原因で便秘になっている状態です。
大腸がんや腹膜炎、潰瘍性大腸炎など深刻な病気が器質性便秘の原因になっている場合があります。吐き気や血便、激しい腹痛などの症状が便秘とともに現れた場合は、すぐ病院で診察を受けるようにしましょう。

便秘になったら、これらの4つのうちどのタイプに当てはまるのかを確認して、適切に対処していくことが便秘を解消するのには必要ですね。




nice!(0) 

改善には漢方薬もおすすめ! [改善するにはどんな方法が?]

漢方2.jpg
便秘の症状改善のために漢方薬の力を借りるのもいいでしょう。 自分の便秘のタイプを知って、それに適した漢方薬を選びましょう。


便の状態はコロコロで乾いている状態の便秘は、腸に熱を持っている「熱」タイプです。
「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」で血行を改善したり、
「大承気湯(だいじょうきとう)」で消化管の通りを良くすることで症状が改善されるでしょう。

冷え症や、背中や腰、肩のこりがあるのは「寒」タイプです。
「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」や「人参湯(にんじんとう)」、
「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などで身体を温めて、胃腸の機能を良くすると、便秘の解消につながります。

「気虚」タイプは虚弱体質が原因で便秘になっていることが多いようです。
気虚タイプの人は体力が落ちているため、下剤成分を含まない「小健中湯(しょうけんちゅうとう)」や「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」で胃腸も身体も丈夫にしましょう。

「血虚」タイプは、身体中の血液や水分の量が減っている状態から起きる便秘です。
「潤腸湯(じゅんちょうとう)」、「麻子仁丸(ましにんがん)」で改善しましょう。

ストレスなど精神的な原因で便秘になっているのが「気滞」タイプです。
「大柴胡湯(だいさいことう)」や「加味逍遙散(かみしょうようさん)」、
「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」などで気持ちを落ち着け、ホルモンの分泌をくすることで便秘も改善されていきます。


nice!(0) 

ダイエットで便秘になってしまうのはどうして? [便秘について]

キノコ.jpg
ダイエットをしていると、便秘になりやすい」こんな話を聞いたことはありませんか?

実際にダイエット中に便秘になってしまう人は少なくないようです。
これは何故なのでしょうか?

ダイエットには「運動」と「食事」が大切ですね。適度な運動をしながら、バランスのとれた食事をとることがダイエットには効果的です。
でも、食事の量を減らすことで摂取カロリーを抑えて、短い時間で「痩せる」効果を出そうとしていませんか?

食べる量を減らすと、当然便の量も減ります。あまり便の量が減ってしまうと、排便をするための刺激が起きなくなってしまい、便秘になりやすくなります。 また、量が少ないので押し出す便の力も弱くなりますね。
また、普段食事からとっている水分も、摂取量が減ってしまいます。このことで便が硬くなり、ますます便秘の症状が進んでしまうのです。

便秘とダイエットには、食事が関係していることがわかっていただけたでしょうか?
ダイエットをしても便秘にならないようにするのには、バランスのとれた食事を心がけること、また食事量を減らさずにカロリーを減らすようにすることです。
野菜や海藻類、きのこ類を多く取り入れると、カロリーも低くなり、また便秘改善に効果のある食物繊維などもとることができますよ。

nice!(0) 

便秘は美容の大敵なんです [便秘について]

吹き出物.jpg
便秘が続くと辛いですね。なかなか改善されずにいると、身体にも悪影響がでてきます。

便秘が続くと、腸の中にガスが溜まっている状態になります。お腹が張ったり腹痛を感じたりしますが、肩こり腰痛、頭痛の原因になることもあります。
また硬くなった便によって痔になってしまうことも。

大腸がんは便が腸で長く留まってしまうことで、便に含まれている有害物質が腸壁を刺激し続けてしまい腫瘍ができるのではないかとも言われています。

また、便秘で悩んでいる人は、肌トラブルも同時に抱えている場合が多いようです。
腸内のコンディションが良くないときは、肌の調子も悪くなりがち。肌荒れ吹き出物などの肌トラブルも便秘が原因になっていることがあるのです。
また、便秘が長く続くことによって、ストレスもたまりますし、精神的にも美容には良くないですね。

美容のためにも、便秘は早めに改善、解消することが大事です。


nice!(0) 

食事の改善から始めてみよう! [改善するにはどんな方法が?]

グラノーラ.jpg
便秘の改善には、まず食生活の改善から始めてみましょう。 便秘の改善に有効な食品をとることによって、腸内環境を整えることが必要です。
水溶性食物繊維は、便を柔らかくして出しやすくしてくれます。
不溶性食物繊維は水に溶けずに水分を吸収するとふくらむ性質を持っているので、それによって腸管が刺激され、排便が促されます。

アボカドやバナナ、プルーンなどは食物繊維が豊富に含まれているのでおすすめです。また納豆やきなこ、おからといった大豆製品も食物繊維を多く含みます。

また、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるので積極的にとりたいですね。
ヨーグルトやキムチ、ぬか漬けやチーズなどがおすすめです。また納豆は食物繊維を含むのと同時に、納豆菌が悪玉菌の増殖を抑える効果もあるのでダブルでおすすめの食品です。

食事をとることで排便が促されます。排便のリズムは食事によって作られます。 また、毎日の食事の内容を見直すことで便秘を改善させることにつながるのです。
nice!(0) 

まさか死んじゃう事もあるの? [便秘について]

水とサプリ.jpg
便秘になるととても辛いですね。水分を多く補給するようにしたり、食物繊維乳酸菌ヨーグルトなども食事に取り入れてるのに、なかなか改善されない、下剤も効き目が弱くなっているように感じる。色々試してもなかなか便秘が改善されず、悩んでいる人もいると思います。でも、便秘が長く続くのは、危険な状態をまねくことがあるのを知っていますか?

実際に便秘の症状が長く続いて悪化していき、下剤も飲み続けていた結果、排便の力も弱くなってしまって、腸に便が溜まっていってしまって、結果腸閉塞で死亡したという人もいるのです。

便秘で死んじゃうなんて。かなりショッキングですが、それだけ便秘は色々な病気を引き起こす原因になるのだということも分かっていた方がいいですよ。

他にも便が溜まってしまったことで腸が破裂したり、大腸ポリープや大腸がんが便秘との因果関係があると指摘されています。

便秘の解消のためには生活の改善、特に食生活の改善が必要ですが、ひどくなってしまった便秘はそう簡単には改善されません。
あまりにひどい便秘が続いているようでしたら、たかが便秘と軽く考えずに、早めに病院で受診するのが良いでしょう。

nice!(0) 

便秘に効くツボがあります! [改善するにはどんな方法が?]

足裏マッサージ .jpg
人間の身体には約360個のツボがあるとされていますが、その中には便秘に効くツボもあります。
自分でも刺激しやすい場所にあるツボを紹介しますので、便秘改善のために是非試してみてください。

厲兌(れいだ)と呼ばれるツボが便秘やむくみに効果があるとされています。
場所は第二指の爪の横、第三指寄りの部分になります。
胃腸が弱っていると、押していて強く痛むので、位置がわかりやすいでしょう。

痛いと感じる部分を指圧しながら、ちょっとつまみ上げるようにするのも効果的です。

ツボは左右対象にあるので、両足を指圧しましょう。1カ所につき3回から5回程度刺激するのが良いでしょう。
また、片方の足のツボを刺激して血行が良くなっても、もう片方の足を指圧している間に冷えてしまったのでは、せっかくの効果が半減してしまいます。 最初にツボを刺激した足が冷えてしまわないように、タオルや膝掛けなどでくるむようにして保温しましょう。

nice!(0) 

お茶やハーブティーで便秘対策ができるの? [改善するにはどんな方法が?]

ハーブティ.jpg
お茶ハーブティー便秘対策ができるの?

お茶やハーブティーは、様々な成分を含むものが多種多様にありますが、その中には便秘改善に効果のあるものもあります。 どんな成分を含んでいるお茶がいいのか、いくつかご紹介しますね。
プーアル茶、杜仲茶、マテ茶などに含まれるマグネシウムは、便の水分量を増やし、柔らかくする効果がある成分です。

黒豆茶、ギムネマ茶、ごぼう茶は、水溶性食物繊維を多く含むお茶です。
食物繊維は大腸の中の有害な物質を身体の外へ排出してくれます。便秘には効果的な成分ですね。

緑茶ハイビスカスティー、ローズヒップティーなどに多く含まれるビタミンCは、大腸内の善玉菌を増やし、便を柔らかくする成分です。

そして日本茶に多く含まれるカテキンは殺菌作用があることでも有名ですが、大腸内の悪玉菌も減らしてくれるので、実は便秘にも良い成分なんです。

手軽に飲めるお茶やハーブティーで便秘を改善する成分がとれるのは嬉しいですね。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。